テーマ:マレーシア経済

マレーシアリンギットが下げ止まらず17年来の安値に!

マレーシア通貨、リンギットが17年来の安値をつけています。現在、1ドル4.29リンギットを記録しており、2015年初頭から比較すると18%もの安値で1998年7月以来、最低のレベルに落ち込んでいます。 リンギット下げの理由は石油価格の下落です。主に石油取引に頼るマレーシア経済にとって原油価格の下落は打撃であり、貴重な外貨収入が目減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦境を迎えるマレーシア経済

マレーシア経済が苦境を迎えています。 原因は国家予算の4割を担う、ペトロナスの不振です。 ペトロナスはアセアン域内の最大の石油産出を誇る国営企業です。 ペトロナスの本社であるペトロナスツインタワーは、クアラルンプールはてやマレーシアの象徴ですし、最上階にはマハティール元首相も居室をかまえています。 さらに石油の探索は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーム油にまつわる悪評とマレーシア企業の苦境

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。 さて、マレーシアを代表する企業と言えば、F1のメルセデスAMGのメインスポンサーでもある、ペトロナスが有名です。 ペトロナスは、世界的に見ても石油産出の大手企業であり、 マレーシア国家予算の4割を担っています。 対抗馬となる企業と言えばサイアムダービ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国際人材ランキングでマレーシアが5位でアジア最高位

 スイスの有力ビジネススクールIMDの国際競争力センターが実施した2014年の「国際人材ランキング」において、マレーシアが5位にランクインしました。これは、アジアではNo1の順位です。  ちなみに1~4位は、スイス、デンマーク、ドイツ、フィンランドの順でした。我がアジアでは、マレーシアに次いでシンガポールが16位、オーストラリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール、シンガポール間での高速鉄道建設

クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)プロジェクトに関して、英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」は、2020年までの実現に向けて日本政府が支援の提供に前向きだと報じました。 以前、マレーシアのナジフ首相が来日した際にも安倍首相より新幹線の採用をお願いしたこともあり、支援について十分ありえる話だと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more