親中傾向を強めるインドネシア

日本と中国が激しい受注合戦を繰り広げていたインドネシアの高速鉄道は、中国に軍配が上がりました。ジョコ大統領の特使として来日したソフヤン国家開発企画庁長官が9月29日、菅義偉官房長官と会談し、日本の提案を採用しない考えを伝えました。

この高速鉄道はジャワ島にある首都ジャカルタからバンドンまで約120km間を結ぶものです。日本は新幹線方式を提案していました。ソフィアン氏は「日中双方の提案を再検討する必要があるといったん判断しています。しかし中国側からインドネシア政府の財政負担や債務保証を伴わずに事業を実施できるとの新たな提案があった」と説明したとのことです。


これに対して、菅官房長官はこの日の会見で「インドネシア政府の財政負担や債務保証を伴わずに事業を実施できるという中国の新たな提案は、わが国としては全く考えられない提案だ。常識では考えられず、現実的にうまくいくかどうかは極めて厳しいと思う。今までもそうした例が何カ所もあるのではないか」と、中国の提案の現実性に疑問を呈しました。

また、インドネシアが日中の高速鉄道の提案をいったん白紙にして、時速200~250km程度の「中速鉄道」導入に向けて各国に公平に事業参加を呼び掛けるとしていた経緯を紹介しました。方針が急きょ変更されたことを「全く理解することはできないし、極めて遺憾である」と厳しく批判しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック