マレーシアリンギットが下げ止まらず17年来の安値に!

マレーシア通貨、リンギットが17年来の安値をつけています。現在、1ドル4.29リンギットを記録しており、2015年初頭から比較すると18%もの安値で1998年7月以来、最低のレベルに落ち込んでいます。

リンギット下げの理由は石油価格の下落です。主に石油取引に頼るマレーシア経済にとって原油価格の下落は打撃であり、貴重な外貨収入が目減りするわけです。石油収入は国家の財源にもなっており、国家の財源が不足する結果、通貨としての価値も下がるというシナリオです。専門家らの中には今回の状況は1997年のアジア危機と類似すると危惧する声が上げられており、注意が必要です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック